横浜アリーナ(横アリ) 

横浜アリーナも、行く機会がある場所だ。

 

コンサート会場としてよく使われるが、企業式典や企業の催し物も良く行われている。

 

コンベンションセンターや見本市会場、アイドルの握手会などは、パシフィコ横浜の方が良く使われるが。

 

横浜アリーナの最大収容人数は1万7000人で、1万2,000人〜1万5,000人くらいの集客が見込める催し物に使われる。

 

関東・首都圏には、2,000人クラスのコンサートホールは、市民会館や私立大学を中心に数十カ所はあるが、しかし1万人以上の客席が作れてコンサートが出来るような会場は、数えるくらいしかない。

 

一般的に、6,000人から2万人くらいの会場を「アリーナクラス」と呼ぶが、東京都内でアリーナクラスの会場は、日本武道館(8,000〜12,000人)か、代々木第一体育館(13,000人)くらいしかない。

 

横浜アリーナ(横アリ) 広域地図

 

他によく使われていたのは有明コロシアム(約1万人)だが、2020年のオリンピックのテニス会場として建て替え中だ。

 

(因みに横浜アリーナは、2016年に改修工事が行われてリニューアルしている)

 

それ以上の人数を収容できる屋内会場となると、都内には東京ドームくらいしかない。

 

そのため、東京近郊で交通の便が良い横浜アリーナは、人気アーティストや人気アイドルグループのライブ・コンサートによく使われる。

 

ステージ設営もパターン化されているし、会場スタッフも楽に集められるため、余計なコストもかからないしね。

 

横浜アリーナ(横アリ) 周辺地図

 

横浜アリーナがあるのは、新横浜駅のすぐ近くで、歩いても5分くらいで着く。

 

この辺りはビジネス街で、普段はあまり人通りがないので、イベントがあると人の流れがあるため、分かりやすい。

 

少し離れたところには「新横浜ラーメン博物館」もあるが、飲食店はあまりないので、腹ごしらえは他でやって置いた方が良い。

 

なにせ新横浜駅周辺はホントにだだっ広いビジネス街で、周辺には住宅も少ないから、2万人弱の観衆の腹を満たすような施設はないと思った方が良い。

 

横浜アリーナ(横アリ) 基本情報

横浜アリーナ(横アリ) 交通アクセス
  • 横浜市営地下鉄 ブルーライン『新横浜駅』7番出入口より、徒歩4分
  • JR横浜線 『新横浜駅』北口より、徒歩5分
  • JR新幹線 『新横浜駅』東口より、徒歩5分

 

横浜アリーナ(横アリ) ホームページ

横浜アリーナ(横アリ) ホームページ

 

横浜アリーナ 紹介動画

 

横浜アリーナは、現在は西武鉄道グループの子会社になっており、パーティー会場として利用することもできる。

 

ただし、その際は、近くの新横浜プリンスホテルのケータリングサービスを利用せよとのことらしい。

広告