浅草寺(せんそうじ) 

東京で、江戸情緒を感じたいなら、まず浅草(あさくさ)だろう。

 

そして浅草で有名なのは、浅草寺(せんそうじ)の「雷門」(かみなりもん)だ。

 

赤い大きな提灯が架かっている雷門は、海外からの観光客にも人気の観光スポットだ。

 

裏側には「風雷神門(ふうらいじんもん)」と書かれていて、こちらがこの山門の正式名称だ。

 

さて、浅草寺は、浅草観音という別名を持つお寺で、観音菩薩を本尊とするお寺だ。

 

浅草寺の歴史は古く、都内最古の寺なのだという。

 

文献によると、鎌倉時代には既に浅草寺が出来ていたようで、鎌倉の鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう)を造る際には、浅草寺の職人を呼び寄せたのだという。

 

浅草は隅田川の西岸にあって、かなり昔から栄えていたようだ。

 

ただし今のような浅草が出来はじめたのは、江戸時代に入ってからだ。

 

浅草寺(せんそうじ) 広域地図

浅草寺(せんそうじ)と仲見世
※地図データ(C)2018 Google,ZENRIN
※Googleマップで詳しく見る→浅草寺(せんそうじ) 広域地図

 

江戸時代になると、隅田川を少し下ったところに、米蔵(こめぐら)ができた。

 

全国から米が米蔵に集められ、その米を金に換える札差(ふださし)商も集まった。

 

札差は、米という現物と、現金の双方を扱って大儲けしたため羽振りが良く、それが浅草を栄えさせる原動力となった。

 

この米蔵があった場所が蔵前(くらまえ)で、札差が住んでいたのが両国(りょうごく)だなんだという。

雷門と仲見世(なかみせ)

浅草寺と言えば、雷門と仲見世通りだ。

 

雷門から浅草寺本堂までのおよそ250mの間に、90店弱のお店が立ち並び、和傘などの伝統工芸品、食べ物、お土産などが売られている。
浅草寺(せんそうじ)と仲見世
仲見世 ホームページダウンロード地図より

 

浅草寺(せんそうじ) 周辺地図

浅草寺(せんそうじ)と仲見世
※地図データ(C)2018 Google,ZENRIN
※Googleマップで詳しく見る→浅草寺(せんそうじ) 周辺地図

 

浅草寺・仲見世 交通アクセス
  • 東京メトロ銀座線 浅草線から徒歩3分
  • 都営浅草線 浅草駅A4出口から徒歩3分
  • 東武伊勢崎線 浅草駅から徒歩3分
  • つくばエクスプレス 浅草駅から徒歩10分

 

浅草界隈の動画

広告