東金道(とうがねどう)とは

東金道(とうがねどう)とは、千葉東金道路の略だ。

 

千葉市の東側に隣接する「東金市(とうがねし)」を走る有料道路で、交通ニュースでは、東金有料(とうがねゆうりょう)と呼ばれることもあるようだ。

 

東金道は、千葉の京葉道の千葉東ジャンクションから分岐して、東金ジャンクションで圏央道(千葉ルート)に接続している。

 

もともと東金道だったルートの一部を、圏央道の一部に変更して使用しているため、圏央道への乗り継ぎは容易だ。

 

ただし圏央道の千葉ルートは未だ完成しておらず、松尾横芝ICから成田空港方面へは通じていない。

 

この東金ジャンクションから松尾横芝インターチェンジまでの区間は、もともと東金道の二期工事として計画されており、そこから先の事業は計画になかったため進んでいないのだ。

 

圏央道の東金ジャンクションから木更津東インターチェンジ間も、もともとは東金道路の三期工事プランであり、それを圏央道として利用していると言うことらしい。



 

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の地図


国土交通省・関東道路整備局HPより引用

広告