玉川通り(渋谷−二子玉川)とは

国道246号線、通称246(にーよんろく)は、千代田区の三宅坂から静岡の沼津まで続く長距離国道だ。

 

そのため、地域ごとに別名があり、青山通りとか厚木街道などと呼ばれたりもする。

 

青山通りは、国会図書館から永田町、赤坂御用地、青山、秩父宮ラグビー場(神宮外苑)、表参道を経て、渋谷に至るまでの区域になる。

 

青山には、青山学院大学もあるね。

 

で、渋谷の駅の南側くらいから多摩川までを、「玉川通り(たまがわどおり)」と呼ぶ。

 

玉川通りは、かつて玉川電鉄玉川線(たまでん)という路面電車が走っていた道路で、非常に賑わっていた通りだ。

 

多摩川東岸には、二子玉川園(ふたこたまがわえん)という遊園地があって、渋谷や大井町から娯楽客が集まる場所だった。

 

演芸場や映画館、プールやテニスコートもあり、ウルトラマンシリーズのロケ地としても使われていたらしい。

 

二子玉川園は1985年に閉鎖され、遊園地としての役割は終えた。

 

東京ディズニーランドが1983年にオープンしており、それと入れ替わるように閉園した。

 

現在の二子玉川は、「にこたま」と呼ばれ、百貨店やシネコンなどの商業施設がたくさんあるお洒落エリアだ。

 

多摩川沿いにタワーマンションもたくさん建てられて、楽天市場などの企業も進出してきている。



玉川通りは、渋谷から始まって、三軒茶屋(さんげんぢゃや)や駒澤大学前を通り、多摩川の東岸にある二子玉川(ふたこたまがわ)まで走る。

 

玉川通りの上には高速道路の高架があり、首都高3号渋谷線が走っている。

 

首都高3号線は用賀(ようが)インターで東名高速道路に接続しており、この手前で国道246号線の頭上からはいなくなる。

 

因みに用賀インターの下は都道311号環状八号線、通称「環八通り」(かんぱち)が走っていて、246とも交差している。

 

国道246号線は、瀬田交差点で環八通りをアンダーパスしていて、ここでは信号待ちはない。

 

アンダーパスというのは、道路の下を掘って、車を下に通しているという意味で、言ってみれば地下道って事だね。

 

瀬田交差点 246のアンダーパス

グーグルマップ ストリートビューより

広告