御殿場→大井松田は、なぜ事故渋滞が多い?

ゴールデンウイーク期間の渋滞ランキング、ワースト1は東名の御殿場(静岡県)→大井松田(神奈川県)の区間だ。

 

しかしこの区間の年間の渋滞ランキングは、ワースト8で、8位まで順位を落とす。

 

つまり平日には酷い渋滞は起きないが、休日になるとなぜか渋滞が増えて、ワースト1になってしまう。

 

これは一体どういうことなのか?

 

ということで、この区間の渋滞の内訳を見てみよう。

 

ゴールデンウイーク期間の渋滞の内訳(平成28年)

東名御殿場-大井松田、事故多発のワケ

 

この年のゴールデンウイーク期間渋滞ワースト1は、東名高速の「御殿場→大井松田」だ。

 

この区間の原因の内訳を見ると、かなりの部分が事故渋滞になっている。

 

自然渋滞がないのに、なぜこんなに事故渋滞が多いのか?

 

短い期間に大きな事故が起これば、当然こういう割合になるわけだから、偶発的なのか?

 

ということで、別の休日のデータも調べて見たら、次のようになっていた。

 

お盆期間(8月)の渋滞の内訳(平成28年)

順位こそ3位だが、原因の割合は似たような感じで、やはり事故渋滞が非常に多い。
東名御殿場-大井松田、事故多発のワケ



年末年始の渋滞の内訳(平成28年)

年末年始もやはり、事故渋滞が多いね。
東名御殿場-大井松田、事故多発のワケ

 

これをみると、ゴールデンウイーク期間だけでなく、お盆期間や年末年始も、同じように事故渋滞の割合が多い。

 

これは一体どういうことだ?

 

年間の渋滞ランキングの原因の内訳を見ても、順位こそ8位だが、やっぱり事故渋滞が多数になっているので、どうやら事故渋滞が起こりやすい構造になっているらしい。

 

年間の渋滞の内訳(平成28年)

東名御殿場-大井松田、事故多発のワケ

 

ではなぜ事故渋滞が多いのか。

 

実は静岡県と神奈川県の県境区間は山岳地帯になっていて、非常にカーブが多く、勾配もきついのだ。

 

御殿場インターは、東名高速の中で最も標高が高くて、標高が454mもある。

 

東名高速というと、海沿いを走っている印象があるが、標高454mともなると、小山より高いところを走っているのだ。。

 

また御殿場インター以東の区間は、昔から渋滞や事故が多かったため、上りルートを新たに建設して3車線にした(1991年)ため、非常にスムーズに走れるようになっている。

 

この区間は、上限が時速80kmだし、トンネル内も80km制限なのだが、下り勾配だし、道路も比較的空いているので、どうしてもスピードが出てしまう。

 

そのため、一度事故が起こったら、玉突き事故が起こって、大渋滞が起こるらしい。

 

自然渋滞が少ないのに事故渋滞が多いのは、こういう原因があったんだね。

 

さらに冬になると、御殿場−大井松田の区間は、雪が降る

 

静岡県はお茶やミカンができる温暖な気候なのだが、この区間は山岳地帯を走っており、冬になると雪が降るのだ。

 

ところがその怖さを知らない休日ドライバーが、雪道にタイヤをとられて事故を起こしてしまうらしい。

広告