都心の有名道路

内堀通り、外堀通り 都心の一般道一覧

内堀通り、外堀通りとは

東京の中心部の道路は、「○○通り」という名前で呼ばれることが多い。

 

これは関西でも同じだが、道路の構造がまるで違う。

 

大阪や京都、神戸の中心部は、碁盤の目のように東西に走る通りと、南北に走る通りでできている。

 

なので場所を表す場合、二つの通りをつなげて表すことも多い。

 

たとえば「四条通」と「河原町通」の交差点は、「四条河原町」だ。

 

また大阪や神戸の場合は、南北に走る大きな通りは「御堂筋」「四つ橋筋」などと「筋(すじ)」という名前が付いている。

 

ところが東京の道路は、環状に走る道路放射状に伸びる道路でできているから、関西人にとっては非常に難しい。

 

これは江戸城を造った徳川家康が、徳川幕府防衛のために、江戸の街をわざわざ複雑に造った影響が非常に大きいらしい。

 

つまり「江戸城に向かう道」が放射道路になり、「江戸城を護るための道」が環状道路になったと言うことらしい。

 

その一番内側の環状道路が、都道環状1号線(環一)で、通称「内堀通り」(うちぼりどおり)と呼ばれている。

 

内堀通りは、一周約6kmの、江戸城の内側のお堀の回りを走る一般道路で、ここから放射状に四方八方に道路が延びている。

 

内堀通りの沿線には、丸の内、国会図書館、最高裁判所、日本武道館、靖国神社などがある。

 

さらにその外側に都道環状2号線(環二)があり、こちらは通称「外堀通り」(そとぼり)と呼ばれている。

 

これは江戸城の外堀に沿った道路だが、外堀は埋められて現在は存在しない。



都心部の放射道路 解説

東京の道路は、旧江戸城、現在の皇居を中心に、放射状に拡がっている。

 

一番内側にある通称「内堀通り」という環状道路から、四方八方に通りが延びている。

 

青山通り、新宿通り、靖国通り、早稲田通り、目白通り、白山通り、本郷通り、永代通り、晴海通り、日比谷通り、桜田通りなどだ。

 

青山通り(あおやまどおり/国道246号線)

青山通りとは、国道246号線(通称:にーよんろく)の一部で、三宅坂から渋谷駅前まで続く通りだ。

 

沿線には東宮御所や神宮外苑(神宮球場、秩父宮ラグビー場)、表参道、青山学院大学などがあり、非常にお洒落な通りとして知られている。

 

新宿通り(しんじゅくどおり)

新宿通は、四ッ谷から新宿へ続く通りだ。

 

靖国通り(やすくにどおり)

靖国通りは、靖国神社の南側を東西に走る道路だ。

 

西は新宿駅前につながっており、東は両国(りょうごく)の方につながっている。

 

早稲田通り(わせだどおり)

早稲田通りは、神楽坂(かぐらざか)から早稲田、高田馬場(たかだのばば)、中野へと続く。

 

目白通り(めじろどおり)

目白通りは、目白を経て、練馬の方へ続く。

 

白山通り(はくさんどおり)

巣鴨まで伸びている。

 

本郷通り(ほんごうどおり)

本郷通りは、東大のある本郷を経て、駒込(こまごみ)、王子(おうじ)まで続く。

 

晴海通り(はるみどおり)

晴海通りは、銀座から築地を経て、晴海、豊洲へとつづく。

 

桜田通り(さくらだどおり)

桜田通りは、桜田門から出て、五反田(ごたんだ)へと続く。

 

都心部の道路概略地図

都心部の道路概略地図


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加