ゴールデンウイークの交通渋滞 平日と何が違う?

高速道路、休日はなぜ混むのか?

 

GW期間の渋滞ランキングと年間の渋滞ランキングを比べてみよう。

 

まず年間ランキング1位は、東名高速の海老名ジャンクション→横浜町田インターチェンジ(上り)だった。

 

この区間は、GW期間では3位になっている。

 

以前も書いたが、この区間は大和トンネルがきつい勾配の上り坂になっているため、どうしても自然渋滞(交通集中渋滞)が起こりやすい。

 

替わってGW期間1位にランキングされているのは、同じ東名高速の「御殿場→大井松田」区間だ。

 

この区間は年間渋滞ランキングでは8位になっている。

 

さらにGW期間2位にランキングされているのは、年間ランキングでは10位の、中央自動車道「大月→上野原」区間だ。

 

高速道路 GW渋滞ランキング ワースト5 (平成28年)

順位渋滞損失時間道路NO.道路名方向区間名都道府県年間順位
1位5.9時間E1東名高速道路UP御殿場〜大井松田静岡・神奈川8位
2位5.2時間E20中央自動車道UP大月〜上野原山梨10位
3位5時間E1東名高速道路UP海老名JCT〜横浜町田神奈川・東京1位
4位4.8時間E2A中国自動車道DOWN中国池田〜宝塚大阪・兵庫9位
5位4.2時間E1東名高速道路DOWN横浜町田〜海老名JCT東京・神奈川4位

渋滞ランキングのとりまとめ(平成28年 年間・GW)より。



休日の渋滞原因を年間の渋滞原因と比べてみる。

 

ゴールデンウイーク期間の渋滞の内訳(平成28年)

休日の交通渋滞 平日と何が違う?

 

この年のゴールデンウイーク期間渋滞ワースト1は、東名高速の「御殿場→大井松田」だが、その内訳を見ると、交通集中渋滞(自然渋滞)より、事故渋滞の割合がはるかに多い。

 

短い期間に大きな事故が起これば、当然こういう割合になるわけだから、偶発的なのかというと、実はお盆も年末年始も同様に事故渋滞が多いのだ。

 

年間平均の渋滞ランキングと比べてみても、順位こそ8位まで下がるが、内訳の割合は似たような感じだ。、

年間の渋滞の内訳(平成28年)

休日の交通渋滞 平日と何が違う?

 

これは一体?

 

【御殿場→大井松田】には、一体何があるのか?

 

調べて見ると、色んな要因があって、この区間は事故頻発区間になってるらしい。

 

確かに静岡県でこういうことになるとは、普通のドライバーは分からないだろうね。

広告