東京・関東の有名道路記事一覧

東京に来ると、246(にーよんろく)という言葉を耳にする事が多い。246とは、国道246号線のことで、東京都の千代田区三宅坂から、神奈川県を通り、静岡県の沼津市まで続いている。246号線が走っているのは、江戸時代からある街道で、「足柄道」とか「大山街道」とか、「厚木街道」(あつぎかいどう)などと呼ばれていた。246がなぜ有名なのかというと、この沿線には国会図書館や永田町、神宮球場、渋谷や二子玉川(...

国道246号線、通称246(にーよんろく)は、千代田区の三宅坂から静岡の沼津まで続く長距離国道だ。そのため、地域ごとに別名があり、青山通りとか厚木街道などと呼ばれたりもする。青山通りは、国会図書館から永田町、赤坂御用地、青山、秩父宮ラグビー場(神宮外苑)、表参道を経て、渋谷に至るまでの区域になる。青山には、青山学院大学もあるね。で、渋谷の駅の南側くらいから多摩川までを、「玉川通り(たまがわどおり)...

国道246号線は、地域によって様々な別名がある。まず起点の千代田区三宅坂から渋谷の「青山通り」。次に渋谷から二子玉川までの「玉川通り」。そして多摩川の新二子橋を渡って神奈川県川崎市に入ってからは、「厚木街道」(あつぎかいどう)と呼ばれる。ここからは東名高速や東急田園都市線と距離を取りながら、つかず離れずで南西方向に進んでいく。厚木街道沿線には、溝の口(みぞのくち)などの繁華街があり、たまプラーザや...

東京に出てくると、よく耳にするのが、環七(かんなな)とか環八(かんぱち)という言葉だ。この環七とか環八というのは、一体どういう道路なのか?高速道路なのか、有料道路なのか。国道なのか、都道府県道なのか。また「七」とか「八」とかついてるけど、環一とか環二というのはないのか?いろんな疑問が湧いてくる。実はこの環七とか環八というのは、東京都の道路で、つまり「都道(とどう)」だ。東京や関東の道路は、大きく分...

大阪や京都、神戸などの街の中心部は、東西に走る道と、南北に走る道で、碁盤の目のようになっている。これは中国の古い都もそうだし、ニューヨークなども同様だ。しかし東京の中心部の道というのは、碁盤の目のようにはなっていない。ロンドンやパリ、ベルリンのように、環状線と放射線の2種類で構成されている。環状線は、皇居(旧江戸城)を中心に、同心円を描くように走っている道路で、放射線は東京の外部に向かって伸びてい...

東京の中心部の道路は、「○○通り」という名前で呼ばれることが多い。これは関西でも同じだが、道路の構造がまるで違う。大阪や京都、神戸の中心部は、碁盤の目のように東西に走る通りと、南北に走る通りでできている。なので場所を表す場合、二つの通りをつなげて表すことも多い。たとえば「四条通」と「河原町通」の交差点は、「四条河原町」だ。また大阪や神戸の場合は、南北に走る大きな通りは「御堂筋」「四つ橋筋」などと「...

東京の道路は、旧江戸城、現在の皇居を中心に、放射状に拡がっている。一番内側にある通称「内堀通り」という環状道路から、四方八方に通りが延びている。青山通り、新宿通り、靖国通り、早稲田通り、目白通り、白山通り、本郷通り、永代通り、晴海通り、日比谷通り、桜田通りなどだ。青山通り(あおやまどおり/国道246号線)青山通りとは、国道246号線(通称:にーよんろく)の一部で、三宅坂から渋谷駅前まで続く通りだ。...