東京都内の色んな通り

東京の道路は、旧江戸城、現在の皇居を中心に、放射状に拡がっている。

 

一番内側にある通称「内堀通り」という環状道路から、四方八方に通りが延びている。

 

青山通り、新宿通り、靖国通り、早稲田通り、目白通り、白山通り、本郷通り、永代通り、晴海通り、日比谷通り、桜田通りなどだ。

 

青山通り(あおやまどおり/国道246号線)

青山通りとは、国道246号線(通称:にーよんろく)の一部で、三宅坂から渋谷駅前まで続く通りだ。

 

沿線には東宮御所や神宮外苑(神宮球場、秩父宮ラグビー場)、表参道、青山学院大学などがあり、非常にお洒落な通りとして知られている。

 

新宿通り(しんじゅくどおり)

新宿通は、四ッ谷から新宿へ続く通りだ。

 

靖国通り(やすくにどおり)

靖国通りは、靖国神社の南側を東西に走る道路だ。

 

西は新宿駅前につながっており、東は両国(りょうごく)の方につながっている。



 

早稲田通り(わせだどおり)

早稲田通りは、神楽坂(かぐらざか)から早稲田、高田馬場(たかだのばば)、中野へと続く。

 

目白通り(めじろどおり)

目白通りは、目白を経て、練馬の方へ続く。

 

白山通り(はくさんどおり)

巣鴨まで伸びている。

 

本郷通り(ほんごうどおり)

本郷通りは、東大のある本郷を経て、駒込(こまごみ)、王子(おうじ)まで続く。

 

晴海通り(はるみどおり)

晴海通りは、銀座から築地を経て、晴海、豊洲へとつづく。

 

桜田通り(さくらだどおり)

桜田通りは、桜田門から出て、五反田(ごたんだ)へと続く。

 

都心部の道路概略地図

都心部の道路概略地図

広告