246(にーよんろく)厚木街道とは

246(にーよんろく)厚木街道とは

246(にーよんろく)・厚木街道とは?

東京に来ると、246(にーよんろく)という言葉を耳にする事が多い。

 

246とは、国道246号線のことで、東京都の千代田区三宅坂から、神奈川県を通り、静岡県の沼津市まで続いている。

 

246がなぜ有名なのかというと、実はこの沿線にはお洒落な街や、高級住宅地がいろいろあって、話題に事欠かないかららしい。

 

246号線が走っているのは、江戸時代からある街道で、「大山街道」とか「厚木街道」(あつぎかいどう)などと呼ばれていた。

 

青山通り(三宅坂−渋谷)

 

お洒落な店が並んでいる赤坂・青山・表参道を通る「青山通り」も、実は246号線の一部だ。

 

青山通りとは、三宅坂から渋谷駅前までの通りだが、沿線には東宮御所や明治神宮外苑がある。

 

明治神宮外苑には、大学野球やヤクルトスワローズの本拠地の神宮球場や、ラグビーの秩父宮ラグビー場などがある。

 

表参道から北西に進むと原宿があり、竹下通りなども近く、若い人向けのカフェやファッションショップが建ち並ぶ。

 

この付近には芸能プロダクションも多いし、若いタレントさんも歩いていたりする。

 

青山通りの終わりは渋谷駅前で、ここから246は首都高速3号渋谷線の下を走る。



玉川通り(渋谷−二子玉川)

246号線は、渋谷の駅の南側くらいから、東名高速の用賀インターまで高速道路(首都高3号渋谷線)の高架下を走る様になる。

 

渋谷から多摩川に達するまでの区間を「玉川通り(たまがわどおり)」と呼び、ここも人気の通りになっている。

 

玉川通りは、渋谷から始まって、様々な飲食店がひしめき合う三軒茶屋(さんげんぢゃや)や駒澤大学前を通り、やはりお洒落タウンの二子玉川(ふたこたまがわ)まで走る。

 

玉川通りは、かつて玉川電鉄玉川線(たまでん)という路面電車が走っていた道路で、非常に賑わっていた通りだ。

 

多摩川東岸には、二子玉川園(ふたこたまがわえん)という遊園地があって、渋谷や大井町から娯楽客が集まる場所だった。

 

演芸場や映画館、プールやテニスコートもあり、ウルトラマンシリーズのロケ地としても使われていたらしい。

 

二子玉川園は1985年に閉鎖され、現在は百貨店やシネコンなどの商業施設がたくさんできている。

 

多摩川沿いにタワーマンションもたくさん建てられて、楽天市場などの企業も進出してきている。

 

厚木街道(二子玉川−厚木)

246号線は、多摩川を渡ると神奈川県に入る。

 

しばらくは東名高速や東急田園都市線と距離を取りながら、つかず離れずで南西方向に進んでいく。

 

沿線には、たまプラーザなどの高級住宅街があり、お洒落な店もたくさんある。

 

また家電量販店や飲食店のチェーン店もたくさん立ち並び、雰囲気の良い道路の一つだ。


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加