海ほたるパーキングエリアとは

海ほたるパーキングエリアとは、東京湾アクアラインの途中にある海の上のパーキングエリアだ。

 

千葉県木更津市(きさらづ)の沖合にあり、住所も「木更津市中島地先海ほたる」となっている。

 

東京湾アクアラインというのは、神奈川県川崎市と、千葉県木更津市を結ぶ、東京湾を横断する自動車専用道で、およそ15kmの道のりだ。

 

その3分の2は海底トンネル「東京湾アクアトンネル」で、残りの3分の1が橋梁構造「アクアブリッジ」になっている。

 

その海底トンネルと高架道路の接続部が、「木更津人工島」で、通称「海ほたる」だ。

 

海ほたるPAは、木更津側の入り口から約4.4kmの距離にある。

 

海ほたるパーキングエリアの外観 木更津側から

 

大型車90台、小型車400台が駐車できるスペースがあり、様々な飲食店やアミューズメント施設ある。

 

東京湾アクアラインを走るハイウエイバスもあり、海ほたるPAにもバス停がある。

 

Uターンできる経路もあり、木更津側から入って木更津側に戻ることも可能になっている。

 

料金は、通り抜ける場合もUターンする場合も同じだ。

 

ただしUターンする場合は、料金支払いにちょっと注意点がある



東京湾アクアラインの川崎側には料金所がなく、支払いは海ほたるパーキングエリアの料金所で払う。

 

川崎側から入った場合は、木更津に行く場合も川崎にUターンする場合も、海ほたるパーキングエリアの料金所で支払って進めば良い。

 

ただし木更津側から入った場合は、Uターン証明書を海ほたるパーキングエリアの料金所で受け取り、それを木更津側の出口で提出しないといけない。

 

風の塔とは

 

東京湾アクアラインにある人工島は、海ほたるだけではない。

 

風の塔と呼ばれる川崎人工島がある。

 

この人工島は、アクアライン上に最初に造られた人工島で、海ほたるは実は2番目だ。

 

風の塔は、遠くから見ると帆船の帆のような形をしているが、普段は人が入ることができない。

 

というのもこの塔は、アクアラインの換気口であり、業務用施設だからだ。

 

風の塔は、川崎区浮島の沖合およそ5km に建っていて、人工島の直径は約100mもある。

 

竹を斜めに切ったような塔が大小二本あり、大きな塔から給気し、小さな塔から排気する。

 

大塔の高さは90メートルほどあり、遠くからよく見えるように青白のデザインになっている。

 

川崎人工島(風の塔)

海ほたるパーキングエリアと、風の塔

 

広告